SDGs15

弊社は日本オーガニックコットン協会の法人正会員です。


オーガニックコットンってなに??
オーガニック農産物の生産方法についての基準に従って2~3年以上のオーガニック農産物等の生産実績を経て、認証機関に認められた農地で栽培に使われている農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。


農薬に頼りすぎず、土・水・太陽など自然のものを生かす

通常の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。過剰な化学肥料が土壌に残ると地下水の汚染、土壌微生物の削減などにより、作物を育てる土壌の力が減少します。オーガニックコットンは禁止されている農薬の類をいっさい使わず、自然の力・基準に定められた有機肥料などで栽培するため、何年も何十年も継続して生産ができる生き生きとした農地となります。


古来の様々な方法を駆使して栽培
防虫剤や除草剤は使わずに、てんとう虫などの益虫を利用したり、虫の嫌いなにおいなどで害虫駆除を行います。雑草は手作業で除去するなど、農薬に頼らない古来の栽培方法を駆使しています。

手作業で収穫
綿花栽培の場合機械で収穫するため、枯葉剤を使用して綿だけがとれやすいようにする。オーガニックコットンはもちろんこの枯葉剤は使わずに、人の手によって収穫されます。

ページ上部へ戻る