活動・支援

やよいリビングは スポーツ選手や子どもたちの健やかな成長に貢献しています

マスク寄贈

・奥州市4/8 5000枚寄贈
・釜石市4/17 300枚寄贈
・岩手県立療育センター様4/15 300枚寄贈

2020黄色い手帳

岩手県内の全小学校の新1年生に向けて黄色い手帳を配布させて頂きました。
黄色い手帳は【学校契約団体障害保険】付きなので登下校中、学校で運営する旅行・遠足・運動会などで発生した障害事故一切に適用されます。
安心・安全な新1年生の健やかな学校生活の手助けになれれば幸いです!

久慈市へマスク寄付

~無限の可能性を秘めたこどもたちのために~
先日の盛岡市、奥州市へのマスク寄付に引き続き、新型コロナウイルスなどの感染症予防のため、マスクを久慈市に寄付いたしました。
今回寄付させていただくのは「久慈市に300枚」となります。
医療ケア児が多い地域、施設のほかに久慈市にあります「放課後等デイサービス」の施設への配布となりました。
少しずつにはなるかと思いますが、また改めてマスクを確保できた際は県内の他の市町村への寄付も検討しております。
無限の可能性を秘めているこどもたちのために 、個人としても、企業としても出来る限りの活動・支援を今後も続けていきます。

盛岡市・奥州市にマスクを寄付

やよいLivingはこの度、新型コロナウイルスなどの感染症予防のため、マスクを盛岡市、奥州市にそれぞれ寄付することといたしました。
弊社では日頃から様々な活動・支援を行っておりますが、その活動を通していくなかで、現在の新型コロナウイルスの影響で「本当に困って必要としている小さなお子さんや身体の弱い方がいる施設」などでマスクが行き届いていないというお話を多数いただきました。
そんなとき日頃取引のある商社から「マスクのお話」があり、当初は従業員用に確保するとも考えましたが、弊社では日々の業務で布団の生地の縫製を行っており、本来の業務を行いながら、時間の空いているときに布マスクを作れるのではないかと考え、実際につくることに成功しました。
これにより弊社スタッフが日々の業務で使用する分のマスクは確保することができました。
そこで今回、本当に必要な方々に使ってもらうために、買い付けたマスク10000枚全てを寄付することを決断しました。
今回寄付させていただくのは「盛岡市に5000枚」「奥州市に5000枚」となります。
弊社の店舗が盛岡市と奥州市にございますので今回はこの二か所への寄付と致しました。
少しずつにはなるかと思いますが、また改めてマスクを確保できた際は県内の他の市町村への寄付も検討しております。
個人としても、企業としても出来る限りの活動・支援を今後も続けていきます。
株式会社やよいディライト
寝具部門やよいLiving 責任者 戸田直樹

「ぼくのわたしの防災手帳」に協賛しています

やよいLivingは子ども達の安全と、安心の明るい未来を応援します。
「ぼくのわたしの防災手帳」は、東北大学災害科学国際研究所が開発した子ども向けの防災・減災マニュアルです。
未来を担う子どもたちの防災意識づくりのため、県内の中学1年生を対象に毎年防災手帳を配布しています。
■主催 「ぼくのわたしの防災手帳」配布委員会(テレビ岩手、東北大学災害科学国際研究所)
■協力 岩手県 岩手県教育委員会
ぼくのわたしの防災手帳


やよいLivingでは、未来ある子供達への社会福祉支援活動を通じて地域の皆様に色々なかたちで貢献していきたいと考えております。
政府は昨今における児童の家庭環境問題に直面し、児童養護福祉の環境改善に取り掛かることを発表しました。 弊社でも、この取り組みに賛同し未来ある子供達の支援に取り組むことを決断しました。 弊社では、寝具の羽毛・布団のリフォームを実施しております。そこでは、古綿が大量に交換されます。 この資源を再利用し、岩手県児童養護施設協議会を通じて県内の児童養護施設へ、寝具・座布団・クッションなどをオリジナルで製造し、寄付いたしました。 今後少しずつではありますが、未来の子供達の力になれるように寄付を続けていきたいと思っております。

201911月 岩手県内4社岩手県管轄施設に寄付
盛岡市
 ■福祉総合相談センター
  掛け布団:W105×H130cm 3枚
  W135×H185cm 6枚
  敷き布団:W75×H130cm 3枚
  W90×H185cm 6枚
 ■児童自立支援施設 県立杜陵学園
  クッション10個
一関市
 ■一関児童相談所
  敷き布団:W100×H210cm 10枚
宮古市
 ■宮古児童相談所
  掛け布団:W150×H210cm 2枚
  敷き布団:W100×H210cm 2枚
  座布団4枚 クッション4個

20199月 岩手県内6社児童養護施設協議会に寄付
盛岡市
 ■社会福祉法人 岩手県社会福祉事業団 和光学園
  掛け布団:W150×H210cm 3
  敷き布団:W100×H210cm 3
 社会福祉法人 小原慶福会 児童養護施設 青雲荘
  掛け布団:W150×H210cm 5
  敷き布団:W100×H210m 5
 社会福祉法人 岩手愛児会 児童養護施設 みちのく・みどり学園
  掛け布団:W95×H120cm 5
  敷き布団:W70×H120cm 5
大船渡市
 ■社会福祉法人 大洋会 大洋学園
  掛け布団:W150×H210cm 5
  敷き布団:W100×H210cm 5
一関市
 ■社会福祉法人 ふじの園 一関藤の園
  掛け布団:W135×H185cm 7枚
       W150×H210cm 4枚
  敷き布団:W90×H185cm 2枚
       W100×H210cm 9枚
  座布団2枚 クッション6
花巻市
 ■社会福祉法人 青松会 清光学園
  掛け布団:W150×H210cm 7枚
敷き布団:W100×H210cm 7枚

▼2018年4月 岩手県内6社会福祉法人に寄附
盛岡市
 ■社会福祉法人 岩手県社会福祉事業団 和光学園
  掛け布団:W135×H150cm 5枚
  敷き布団:W85×H150cm 5枚
 ■社会福祉法人 小原慶福会 児童養護施設 青雲荘
  掛け布団:W135×H185cm 5枚
  敷き布団:W90×H185cm 5枚
 ■社会福祉法人 岩手愛児会 児童養護施設 みちのく・みどり学園
  掛け布団:W95×H120cm 5枚
  敷き布団:W75×H130cm 5枚
大船渡市
 ■社会福祉法人 大洋会 大洋学園
  掛け布団:W150×H210cm 5枚
  敷き布団:W100×H210cm 5枚
一関市
 ■社会福祉法人 ふじの園 一関藤の園
  掛け布団:W105×H130cm 1枚
       W135×H150cm 2枚
       W135×H185cm 2枚
  敷き布団:W75×H130cm 1枚
       W85×H150cm 2枚
       W90×H185cm 2枚
花巻市
 ■社会福祉法人 青松会 清光学園
  掛け布団:W150×H210cm 5枚
  敷き布団:W100×H210cm 5枚
児童養護施設に寝具を寄附 IBCニュース
 

▼ 2017年2月 岩手県内6社会福祉法人に寄附
盛岡市
■社会福祉法人 岩手県社会福祉事業団 和光学園
 掛け布団:5枚 敷き布団:5枚
■社会福祉法人 小原慶福会 児童養護施設 青雲荘
 掛け布団:5枚 敷き布団:5枚
■社会福祉法人 岩手愛児会 児童養護施設 みちのく・みどり学園
 掛け布団:5枚 敷き布団:5枚
大船渡市
■社会福祉法人 大洋会 大洋学園
 掛け布団:5枚 敷き布団:5枚
一関市
■社会福祉法人 ふじの園 一関藤の園
 掛け布団:5枚 敷き布団:5枚
花巻市
■社会福祉法人 青松会 清光学園
 掛け布団:5枚 敷き布団:5枚
 

▼ 2015年10月14日 岩手県内6社会福祉法人に寄附
盛岡市
■福祉総合相談センター
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚
■児童自立支援施設 県立杜陵学園
 掛け布団:15枚 敷き布団:15枚 座布団:20枚 クッション:4個
一関市
■一関児童相談所
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚 クッション:4個
宮古市
■宮古児童相談所
 掛け布団:4枚 敷き布団:4枚 座布団:2枚 クッション:2個
 

▼ 2015年8月4日 岩手県内4社会福祉法人に寄附

盛岡市

■社会福祉法人 小原慶福会 青雲荘

掛け布団:10枚 敷き布団:10枚
■社会福祉法人 岩手県社会福祉事業団 和光学園
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚
■社会福祉法人 岩手愛児会 みちのくみどり学園
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚
大船渡市
■社会福祉法人 大洋会 大洋学園
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚
一関市
■社会福祉法人 ふじの園 一関藤の園
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚
花巻市
■社会福祉法人 青松会 清光学園
 掛け布団:10枚 敷き布団:10枚

児童養護施設に寝具を寄附 岩手日報IBCニュース
児童養護施設に寝具を寄附 エフエム岩手

 
 


やよいLivingは「世界の子どもにワクチンを」活動を支援しています。 この下げ札のついた商品1点お買い上げ、または羽毛布団リフォーム1枚、綿・羊毛布団リフォームは2枚(掛け布団、敷き布団 どちらでも可)に付き、途上国の子どもたちへDPTワクチン1本分の募金となります。  「皆様との出会い、人との繋がり、そして絆を心から大切にし、真実のサービス、物作りを通して大事な人達の思いも伝える」 という弊社企業理念のもとに、国境を越えて、次世代を担う世界の子どもたちのために役立ちたいとの思いから、この支援活動を始めました。 2015年8月現在、4,000枚の支援が集まりました。DPTワクチン4,000本分の募金となります。 ワクチン1本で、途上国の子供達1人が救え、4,000本だと4,000人の子供達を救うための支援となっております。 皆様のご協力のおかげです。ありがとうございます。 ※DPTワクチンとはジフテリア・百日咳・破傷風に対する予防接種ワクチンのことです。 ※「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」は途上国の子どもたちにワクチンを贈る、認定NPO法人です。やよいLivingは、JCVの活動を支援しています。 2015年8月現在、4,000枚の支援が集まりました。DPTワクチン4,000本分の募金となります。 ワクチン1本で、途上国の子供達1人が救え、4,000本だと4,000人の子供達を救うための支援となっております。 皆様のご協力のおかげです。ありがとうございます。 ※DPTワクチンとはジフテリア・百日咳・破傷風に対する予防接種ワクチンのことです。 ※「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」は途上国の子どもたちにワクチンを贈る、認定NPO法人です。やよいLivingは、JCVの活動を支援しています。
世界の子どもにワクチンを 日本委員会 http://www.jcv-jp.org/


オレンジリボン運動は、「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動です。オレンジリボンは、そのシンボルマークであり、オレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。 子ども虐待の防止は、児童相談所や市町村などの公的機関だけ行えるものではありません。わたしたち一人一人が「子育てにやさしい社会」を作ることが、子ども虐待の防止につながります。 弊社もこの運動に賛同して、「子ども虐待のない社会の実現」「子育てにやさしい社会」活動に従事していきたいと思っております。
やよいリビング CM「オレンジリボンキャンペーン」篇


やよいLivingでは県内の新入学児童に交通安全を呼びかける為に配布される「黄色い手帳運動」に参加しております。
CM「黄色い手帳2018」編


やよいLivingでは東日本大震災以降、数々の物資供給(寝具・水・衣類)を通じ、復興支援のお手伝いをさせていただきました。復興支援を通じ、たくさんの方々と交流する機会が増え、逆に笑顔や元気を頂き、今後も復興のお手伝いを続けていきたいと強く感じております。

支援活動
3/17 【釜石市 大平小学校〜唐丹地区など】

   ・お届けした支援物資:布団、水、衣類、靴下
 
【大船渡市 避難所】
   ・お届けした支援物資:布団、靴下、ラジオ
 
3/19 【大槌町 大槌高校】
   ・お届けした支援物資:布団、水
 
【山田町 山田南小学校を中心に宮古市へも配布】
   ・お届けした支援物資:布団、おむつ、ミルク
 
【陸前高田市〜大船渡市】
   ・お届けした支援物資:布団、水、衣類
〜大船渡市役所 2泊3日 配給全般の手伝い〜
 
3/21 【宮古市田老〜山田町】
   ・お届けした支援物資:布団、水、衣類
 
3/23 【大船渡市〜陸前高田市】
   ・お届けした支援物資:布団、水、衣類
 
その他、各避難所への物資供給も行いました。 
 
 

CMやよいLiving 「待っている人がいる」編
CMやよいLiving 「育ててもらった」編

 
 
 
今回の私どもの支援活動へご理解いただき、多くの皆さまから温かい物資を多数お寄せいただきました。本当にありがとうございました。お預かりした物資をはじめ、様々な支援物資を被災地へお届けする活動をさせていただき強く感じたのは、被害に遭われた皆さまお一人お一人が想像を絶するほどに頑張っておられるという事です。
私たちが出来ることは、復興支援活動をこれからも続けていき、どうしたら皆さまのお役に立てるかを常に考えながら仕事をしていくことだと思っています。
 
 
 
 


いわて国体に参加された多くのアスリートの方々や宿泊施設、震災復興の為に出張・ボランティアで来られた沢山の方々にご利用頂きました。
やよいLiving ミニ番組 「いわて国体応援 民宿 長助 編」
やよいLiving ミニ番組 「いわて国体応援 編」

がんばろう岩手!
がんばろう東北!!
私達は今後も全力で取り組んで参ります。


合宿先の布団が合わず寝つけずに悩み翌朝腰痛に。実際やよいメディカルを使って頂くと翌朝の調子も良いという事でした。 今では持ち歩けるマットレス「やよいメディカルライト」を合宿先の布団に敷いて使っていただいております。

ページ上部へ戻る