羽毛ふとんリフォーム

羽毛リフォームはお客様のキレイな羽毛だけを残し、新しい羽毛をたし新品同様のふんわりお布団に仕上げる技術です。寝具の先進国ヨーロッパでは、生まれてから亡くなるまで一枚の羽毛布団をリフォームして一生使い続けると言われています。

※上記は実際のお客様の一例です。
お値段に関しましてはお客様のご要望、用途によって様々です。
ご使用になられているお布団は、お使いになっている期間・環境などによって、状態が全く変わってまいります。せっかく良質な水鳥やグースのダウンでも目の粗い側生地を使用すると、1年や2年での羽毛の吹き出しの原因にもなります。やよいLivingでは、お客様のお布団を直接拝見させて頂いた上で、その場で確かな無料見積りをさせて頂いております。

※シングルサイズに必要な量は5mです。側生地はお客様に直接お選びいただきます。
※側生地料金は国産生地を使用した際のものになります。中国製生地を使用の場合は別途お見積り致します。
ご都合のよろしい日時に合わせてお伺いさせて頂き、今お使いのお布団の状態・羽毛の種類・使用年数・購入時期などを確認致します。その場で、ご予算・ご要望に応じてお見積り致します。


私たちは、良い羽毛をお客様にご提供するために、水鳥の飼育環境を実際に見て農場と独自契約をしています。これは水鳥の農場を直接見ることによって、どういう飼育環境で育てられているか、飼育されている方々がどういった事を大切にして育てているかが羽毛の質に関わる大切なことだからです。
ハンガリー南東部は、上質なガチョウを飼育するのに最も適した気候で、冬の最低気温は-20度となり、保温に適した羽毛が採れます。上質なガチョウを飼育するため、飼料には豆とコーンだけしか与えていません。年間4回の手摘み作業の中で、冬に備える晩秋の2回目・3回目の、最も上質の羽毛を契約しています。
※1枚の本掛1.4kgに必要な羽毛は、なんと40羽分ものグースが必要です。

やよいLivingの「プレミアムグースPREMIUM GOOSE」
秋から冬にかけて冬支度をする時のベストな状態の羽毛を手摘みし、更に厳選した羽毛を山梨の白州の天然水で再度国内洗浄します。良質な羽毛の為に必要な洗浄ですが、国内洗浄をする業者はわずか10%ほどになります。
「産地」、「農場」、「グース」、「羽毛の状態」、「摘み方」、「洗浄」…と厳選を重ねた当社の羽毛ふとんの使い心地は、どなたにもご満足いただける、まさに「プレミアム」な逸品です。

 

側生地は創業100年を越える京都の老舗で1点1点手作業でお作りしています。大正時代から続く染色技術は、お客さまとの信頼で作り上げてきた証。その長年の実績と知識でお客様に安心と快適をご提供いたします。色・柄を豊富にとり揃えております。

近年、新興国より国内の基準に達していないコスト重視の粗悪品が大量に流通しております。表示と中綿が全く違うことも多くみられております。国内メーカーでも新興国で製造した側地に最終原料を投入しただけで国産ラベルを添付しているケースも多く見られます。一方、弊社では日本寝具寝装品組合の基準決定以前より全ての加工を国内で行っております。中身が見えないものだからこそ、弊社では自社製造に拘ります。
日本で染工加工した生地であるふとん地流通協会で定めた生地には『日本製生地使用ラベル』を添付する事が出来ます。


日本製の証明としてラベルの裏面にシリアルナンバー(連番)が入っています。この番号で製造から厳しく生産管理されています。

スゴイのです。見た目と手触りで確認できますが、それには日本独自の製造工程があります。糸にするまで、機で織るまで、染色するまで、この段階で「日本製」の冠が付けられる品質になっています。日本品質は海外に真似できない糸の状態で既に質は決まっておりこの後、更に世界をうならせる「日本製」となる加工がなされます。染色工程が終わると、生地の裏側に薄いビニールシートを圧着させるような加工を施し、生地をなめらかにしつつ通気性を持たせます。特にこの工程は職人さんの勘をようする域です。日本製ふとん生地は日本の染色工場の技術の集大成というべきレベルの生地に仕上がっているわけです。

ノーラベル・ノーブランドのお布団を見かけます。『確かな品質を経費を削ることでお安く』と言う、うたい文句です。では、中身を見ることのできない確かな品質はどのようにして証明するのでしょう?確かだからこそラベルを付けるのです。ラベルは商品に対する自信であり勲章です。私どもは品質の証明として安心出来る商品を安定した価格で誠実にご提供致します。

やよいLivingではお客様の想いを大切に物作りさせていただいております。
ネット販売にはない人と人の、ふれあい・繋がり・絆を大切に、量産にはない「品質」を第一に考え、10 年先まで「ありがとう」と喜んで頂く事が誇りです。

ページ上部へ戻る